シャローヘッドで優しい
けれど飛距離王は譲らない

GTD Black Ice 460

Face: ZA008 Titanium
Body: 6-4 Titanium
Crown: 6-4 Titanium
Volume: 460 cc

Debut!

これが欲しかった!
これこそ真のエースドライバーとの出会い
そんな期待を裏切らない完成度

「ミスに強い」というBlac Iceシリーズのコンセプトを
ドライバーで達成するためにしたこと。
それは、GTD初のフルサイズ460ccのシャローヘッドの開発。
GTDドライバーの飛距離の進化のためにしたこと。
それはこのサイズで業界トップクラスの浅重心化・低スピンの達成。
シャローバックなのにセミディープフェースの芯の広さ、
小さすぎず大きすぎず「叩ける」460ccフルサイズヘッド、
すべてにおいてCode-Kを超えるその性能、実感してください。



ジョージ武井写真

ジョージ武井が語る “開発コンセプト”

Code-Kの進化を求めて色々やってきたこの数年…、結果として全く異なるモデル(Angel-C)として完成し、それはそれで高いパフォーマンスで飛ばし屋の方々には大好評でしたが、…やはり、Code-Kを進化させてデビューさせたいという気持ちが強かった。そして今回ようやく完成し、満を持して、そして自信を持って発表できるモデルが「Black Ice460ドライバー」です。
今回の開発コンセプトは「ゴルフ人口の大多数に支持される460ccのフルサイズ」「捕まってコントロール出来る寛容なクラブ」そして「シャローバックなのに断じて犠牲にしないGTDのお家芸 “安定した低スピン性能”」です。
今回も合計7回のプロトタイプを生産。最終7回目のサンプリングは合計4個でしたが、古屋京子プロをふくめ、多数のプロ、トップアマやアベレージの方にも打っていただき、音、打感、打ち出し角、重量(196g)と、全てが完璧に整い、全員から音、弾道、打感全てに多大なる評価をしてもらいました。
優しく攻めるために、心地良い音、打感、捕まってコントロール出来る性能、そしてキャリーもランも、その合計の「飛距離」も、明らかに、そして完璧に、Code-Kを上回る事ができました。
重心深度は浅めですがシャローバックの強度がキャビティ効果の役割も果たし、スイートエリアも格段に広がり、幅広いゴルファーに自信を持って「これぞエースドライバー」と思っていただけるヘッドです。
なお、今回はヘッド形状の関係から、スリーブ装着部分が少し上になり、今までのヘッドに挿されていたシャフトを使うと約0.3〜0.5インチ長くなってしまいますので、新たにシャフトをフィッティングしてご使用いただくことをお勧めいたします。

サイズ
ヘッド体積 460cc
ロフト角
10.5°(リアル )可変 ±1°
ライ角
58° 可変 ±0.5°
スリーブ
GTD 純正スリーブ(GTDドライバー互換性あり)
※従来シャフトを装着すると0.5インチ伸びます
重 量
194~198g
素材製法
ボディー / 鋳造6-4チタン
クラウン / 鍛造6-4チタン
フェース / ZA008チタン(R&A 公認)
ウェイト
標準時 4g×2
付属品
ヘッドカバー / トルクレンチ
ヘッド価格
オープンプライス ※右利き用のみ