ヌケのよい最小の設置面
トップぎみでも球が上がり
ほどよい喰いつきで球を操る!

GTD BlackIce-FW

Face: CHI
Body: Stainless
Crown: Mat Black
Loft: 14° 17.5° 20.5

Debut!

BlackIceシリーズ待望のフェアウェイウッド
それは優しく楽にグリーンを狙う性能
ホーゼルの付いた安定の、3W、5W、7W

GTDのフェアウェイウッドは進化します。
いや「進化せざるを得ない」と言うべきが本当です。
まずは「GTD使用プロの試合での成果を上げる」という責務のため。
そして第二に「ここを改良すればより性能のよいFWになるだろう」
というアイデアが、次々と見つかってしまうためでした。

Blackice-UTで高い評価を得た打感のよいCH1鋼のフェースへの使用。
長い残り距離を高弾道で攻めるための7Wの追加。
スリーブ互換をやめホーゼル形式にすることによる余剰重量の効果的な再配分。
そしてソール面フェース近辺のミゾの設置による、球の拾いやすさ。
設置面の極小化による、困難なライでの抜けの良さ。
捕まりすぎないフェース角と重心角の追求。そして、飛距離。
Blackice-FW。それは楽に、高精度で、グリーンを攻める人のために。

▶︎ GTD Blackice-FWをストアで購入(他店と同価格)
ジョージ武井写真

ジョージ武井が語る “開発コンセプト”

ウッドに対する考えはプレーヤーそれぞれ。飛ばしたい人、上げたい人、捕まえたい人…。

パー5のセカンドや、短いパー4のティーショット。それぞれの使い道において、いろいろ考えてきた結果、いちばん求められてることが何かというと、それは「どんなライからも拾ってくれる」ということでした。一打の気持ち良さの印象にだけ囚われる必要はなく、肝心なことは「次のショットで良いところから勝負出来る」ということ。つまり試合やラウンドでよいスコアを出すための「裏方に徹することのできるウッド」をテーマにして開発をしました。

その結果、非常に飛距離の出るフェアウェイウッドになりましたが、飛距離だけを追い求めたわけではありません。飛び方は直進性と浮力が50:50。低スピンのシャフトを使えば強い直進性を生み出し、その逆のシャフトであれば高い弾道から落とす武器に。

購入されたお客様達からは「逆に欲をかかなくなりミスが減った」「自信を持って振ることも、操作することも出来るようになった」と好評です。弾道、飛距離、打感、球の拾いやすさ、ミスの少なさ。いずれにおいてもバランスのよい「完成度の高い」フェアウェイウッドになったと思います。

ロフト角
14°(3W) 17.5°(5W) 20.5°(7W) (リアル、可変 ±1°)
ライ角
14°(59.5°) 17.5°(60°) 20.5°(60.5°)
体 積
14°(175cc) 17.5°(155cc) 20.5°(135cc)
重 量
14°(215g) 17.5°(220g) 20.5°(225g)  ※±2g
内 径
8.5mm
素材製法
フェース / CH1
ボディ / ステンレス
クラウン
マットブラック仕上げ
ウェイト
標準時 4g×2
付属品
ヘッドカバー
ヘッド価格
オープンプライス ※ 右利き用のみ
オンラインストア