初速が2m/sUPした《最強の棒球》
GTDドライバー “455アルファ”

GT455α

Face: DAT55 Titanium
Body: 6-4 Titanium
Crown: 6-4 Titanium
Volume: 438 cc

Debut!

フルチタンでどこまで飛距離を伸ばせるか?
生まれ変わったGT455《アルファ》

トッププロからアベレージゴルファーに至るまで
最高レベルの初速と低スピンで恩恵をもたらしたGT455ドライバーは
まだまだ飛距離を伸ばすための進化を止めません。
鍵となるのは「フェースの最適化」
素材は高価な「DAT-55チタン」に変更し
フェース裏面構造も再設計してスイートスポットを最大化して
低すぎた弾道も調整。低スピン性能はそのままに
プロとマシンによるテストで初速は平均2m/sUPに成功。

フルチタンで最大飛距離をどこまでも追求したい方にお薦めです。

ジョージ武井写真

ジョージ武井が語る “開発コンセプト”

GTDドライバーの特徴のひとつは「網羅性」です。最初に出した「GT455ドライバー」はおかげさまで30,000個を超える販売数量でしたが、その後シャローな形状パターンの「Code-Kドライバー」、中間弾道の「GT455Plusドライバー(カーボンクラウン)」を、…っといった具合に3次元的な網羅性を持った【いくつかのパターン】を作ってきました。
・捕まりそして上がりやすいCodeK
・強い弾き感のあるPlus
・ドロップ球(低スピン)のGT455
Plusが出たあとGT455からPlusに移行した方々が多くいらっしゃいましたが、やはり「ここぞ」という時のGT455の感触とコントロール性が忘れられないと言う声は多かったです。なので今回、オリジナルのGT455に《強弾道》を強烈に加えた新たなバージョンとして「GT455α(アルファ)」を発表することにいたしました。 つまり、GT455に「弾き感」をプラスしたのが「GT455Plusドライバー」。GT455に「低スピン性能」をプラスしたのが「GT455αドライバー」だということです。
現在GTD使用プロの半数以上がGT455αに移行!緊張した時のボールの打ち損じが減り、ラインは明らかに出る、そしてフェースに乗ってる感触が高評価です!

サイズ
ヘッド体積 438cc
ロフト角
10°(リアル )可変 ±1° ライ角 58°可変 ±1°
スリーブ
GTD純正スリーブ(GTDドライバーとの互換性あり)
重量
195~198g
素材製法
ボディー / 6-4チタン  フェース / DAT55チタン
仕上げ
ボディー / ブラック IP フィニッシュ フェース / サテンフィニッシュ
ウェイト
標準時 4g×2
付属品
ヘッドカバー / トルクレンチ
ヘッド価格
65,000円 (税別) ※ 右利き用のみ